リツイートされたリンクの人気度をリアルタイムに紹介 - るとぅるる

「破滅博士」ルービニ氏の楽観 米州総局編集委員 藤田和明

 「ルービニ氏でさえ、ダークサイドでなくなってきた」。市場関係者からそんな指摘を耳にしたのは1月中旬だ。2008年の金融危機を的確に予言したニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授。悲観派の代表であり
このページと関連するかもしれないページ
このページへのコメント (8件) on Twitter
8個の結果を1から8まで表示します。
ogurifutoshi
悲観派から楽観派への転向というより、どう見ても情勢判断を見過って修正したように映るのは私だけでしょうか。ギリシャの早期ユーロ離脱論とか。「『破滅博士』ルービニ氏の楽観」 :日経電子版
『ogurifutoshi』の1年前のツイート
ramona2772
「破滅博士」ルービニ氏の楽観 :Wall Street通信 :コラム :マーケット :日本経済新聞  ー目に見える範囲でとのこと。2015年まではまだ2年ほどある。
『ramona2772』の1年前のツイート
nikkei_bizdaily
悲観派の代表であり「破滅博士」の異名をとる米ニューヨーク大学のルービニ教授。「ユーロ崩壊の危機はめざましく後退した」との見方を示し市場関係者の話題に。楽観論は本物?市場が都合が良いところを拾い上げているだけ?(電子版会員限定記事)
『nikkei_bizdaily』の1年前のツイート
yoshisanni
「破滅博士」ルービニ氏の楽観 :Wall Street通信 :コラム :マーケット :日本経済新聞
『yoshisanni』の1年前のツイート
kumagainobuo
あのルービニでさえ宗旨変え・・? /「破滅博士」ルービニ氏の楽観 :Wall Street通信 :コラム :マーケット :日本経済新聞
『kumagainobuo』の1年前のツイート
nikkei_veritas
編集長の越中です。「FRBの緩和政策によって、目に見える限りでは米国株にとっていい状態が続くだろう」。あの人からこんな楽観発言が飛び出るなんて。10日号の巻頭特集「グレート・ローテーション」をお読み下さい。「破滅博士」ルービニ氏の楽観
『nikkei_veritas』の1年前のツイート
nikkei_kinyunip
破滅博士も楽観とは。「破滅博士」ルービニ氏の楽観 :Wall Street通信 :コラム :マーケット :日本経済新聞
『nikkei_kinyunip』の1年前のツイート
nikkei_market
「破滅博士」ルービニ氏の楽観 米州総局編集委員 藤田和明
『nikkei_market』の1年前のツイート
リツイートされたツイート
1個の結果を1から1まで表示します。
日経ヴェリタス
編集長の越中です。「FRBの緩和政策によって、目に見える限りでは米国株にとっていい状態が続くだろう」。あの人からこんな楽観発言が飛び出るなんて。10日号の巻頭特集「グレート・ローテーション」をお読み下さい。「破滅博士」ルービニ氏の楽観 http://t.co/SMwwyTNz 1RT
日経ヴェリタス』の1年前のツイート
日経ヴェリタス2月10日号の記事の1本が日経電子版にも掲載されました。マンガ「サザエさん」の連載が始まった1946年に、消費者物価指数の調査開始。(宮田)【日経電子版・会員限定】「2%物価目標」達成時の姿は CPIを考える http://t.co/29J1omni(1年前)
デスクの宮田です。うれしいニュース。電子楽器のデータ転送で世界標準規格となった「MIDI」は、私たちの身近なところでも使われています。「通信カラオケ」もその1つです。【日経電子版】ローランド創業者が受賞 米グラミー、テクニカル賞 http://t.co/GMaYlWrX(1年前)
編集長の越中です。「FRBの緩和政策によって、目に見える限りでは米国株にとっていい状態が続くだろう」。あの人からこんな楽観発言が飛び出るなんて。10日号の巻頭特集「グレート・ローテーション」をお読み下さい。「破滅博士」ルービニ氏の楽観 http://t.co/SMwwyTNz(1年前)
デスクの宮田です。今後の株価と円相場の動向を、皆さんはどう予想しますか。アンケートを実施中です。【日経電子版】株高・円安、半年後どうなる 創論・時論アンケート http://t.co/PnH6FnvA(1年前)
デスクの宮田です。現職の閣僚がこういう軽口を叩くのはいかがなものでしょうか……。過去には「いまETFを買えば絶対に儲かる」などと発言した閣僚もいましたが。【日経電子版】甘利氏、日経平均「期末に1万3千円めざす」 http://t.co/KoMGaprd(1年前)
編集長の越中です。中国の31の直轄市・省・自治区の2012年の域内総生産の合計は中国全体の数値を1割上回りました。ここ数年、差は広がるばかり。中国の統計はいつも???なのですが……。「中国『モノの貿易額』世界一 12年、米を上回る」 http://t.co/986J2JEp(1年前)
編集長の越中です。日経CNBC @NIKKEI_CNBC で12日(火)22:01から放送する「日経ヴェリタストーク」では質問をtwitterで募集します。コメンテーターは辛口の経済評論で人気の伊藤洋一さん。10日号の巻頭特集「グレート・ローテーション」について議論します。(1年前)
次号予告④。円安で輸出企業は潤うと言うけれど、本当のところは?。神は細部に宿りけり。金融記者座談会「放電塔」はピークを迎えている2012年10-12月期決算を子細にウオッチ。円安の影響がひと色ではないことを掘り起こします。現実は経済学者が考えるよりずっと多様なのです(吉次)(1年前)
次号予告③。日銀に「レジーム・チェンジ」を飲ませたアベノミクス。物価上昇率目標2%がこれからの焦点になります。では、物価上昇率とは何ぞや? 「スマートライフ」では消費者物価指数(CPI)を基本から徹底解説しました。「CPIが前年比2%上昇」の意味を読者にお届けします(吉次)(1年前)
次号予告②。レーダー照射を巡り、日中が緊張しています。インテリジェンスを駆使して情報戦をいかに制するか、安倍政権も試されるでしょう。今週号の「フォーカス」は余り書かれることのない日本の防衛産業の実力を検証しています。緊張する国際情勢を冷静に読み解く意味でも、必読です!(吉次)(1年前)
編集部長の吉次です。次号予告その①。カバー特集は世界のマネーがリスク資産に動き始め、それが長期波動かどうかを徹底検証した「グレート・ローテーション」です。米国では今、市場関係者の合言葉が「TINA」。ある英文(一文)に出てくる単語の頭文字を順に並べたのがこれ。さて、何でしょう?(1年前)
編集部長の吉次です。最近の活況相場のおかげでしょうか、ヴェリタスの売れ行きが上向いています。やはり読んで頂ける方が増えるほど、編集部の意気も上がります。「大向こうをうならせる」記事が続くよう、精進あるのみ(歌舞伎の掛け声「大向こう」http://t.co/3PtRMznJ)!(1年前)
編集長の越中です。ただいま10日号の編集作業中。大江アナが出演するTV東京番組「田勢康弘の週刊ニュース新書」を横目で見ていると、ゲストは林芳正農相でした。ヴェリタスは新春号(1月6日号)で林大臣のインタビューを掲載しましたが、それについて林大臣が言及。編集部は盛り上がりました。(1年前)